フィリップ・K・ディック短編アンソロジー「Electric Dreams」全10話がAmazonプライム・ビデオで配信

japanese.engadget.com

これは見なきゃ!!11!!!1!!!

トレイラーを見ると「まだ人間じゃない」辺りを映像化なのかな? なんにせよワクテカが止まらない。

個人的には以下の短編をやって欲しいかなー。しかし50年経ってもまったく古びないどころか2017よりも先鋭的な未来を描くディックはまさに幻視者だな。

 

「自動工場」

工場が自己複製能力を獲得して新たな生物となったらという短編。

「ベニー・セモリがいなかったら」

架空の人物、架空の歴史に振り回される世界という捏造ニュース問題を扱った短編。

「父祖の信仰」

認識論と神とドラッグを扱ったディックらしい短編。

「時間飛行士へのささやかな贈り物」

タイムトラベル短編。救いがない。

「まだ人間じゃない」

中絶を扱った短編。中絶がいいなら未成熟な子供も殺していいという「生後堕胎」が認められる悪夢的世界を描いている。

「スパイはだれだ」

パラノアイアたちと客観性の不在を描いた短編。息詰まるサスペンスでもある。

「くずれてしまえ」

これ好き。すべてがコピーできる世界だが、そのコピー能力が失われつつある世界。そうした中で「ものを作る、創造する」ということの意味を問い直す作品。ドーズの作った粗末な木彫りのグラスは、どんなコピーよりもスチューベン・グラスに近い。

「訪問者」

その星にとってどっちが「訪問者」なのかという認識の逆転が楽しい作品。

「超能力者世界」

当時としてはかなり斬新な超能力者モノ。典型的ディック作品の主人公と言える冴えないおっさん主人公だが、能力を絡めてうまく希望のあるオチをつけている。

もしかしたら今の「なろう系の無双小説」の超先駆けなのかもしれない(テイストは違うけどオチを見たら)。また脇役が魅力的。勇気あるでかぶつ大好き。ディック作品はこういう出来損ないとかダメ人間が素晴らしい勇気を見せるから好きなんだよな。

 

www.youtube.com

DMMは現代版の総合商社

DMMは現代版の総合商社。それは正しいね。米IT企業とは違った発展だが、日本にはこういう方向性の方が合っているのかもしれない。

DMMがCASHを70億円で買収ーー亀山氏「おい、なんか買えるっぽいぞ!」からの舞台裏、光本氏と片桐氏が切り開く”即時買取の新市場” - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

毎年ごとに契約

結婚はプロスポーツと同じように、毎年ごとに契約更新でいいんじゃないかな。もちろん契約を更新しなくてもいい。サルトルは確かそうしていたように思う。

良薬は口に苦い

anond.hatelabo.jp

良薬は口に苦いね。自分が良薬の効能と苦さを知って飲む分にはいいが、効能を理解できず苦さのイメージしかない他人に勧めるのは余計なおせっかいでしかない。

 

また情けは人のためならずでもある。情けは自分のためのもので、その方が往々にして上手くいく。どうしてもその人に苦い良薬を飲ませたければ、どんなに恨まれてもいい覚悟で実力行使で飲ませるしかない。もちろん良薬だと思っていたものが良薬ではないこともある。感謝など期待せず、自己中心的に良薬を無理やり飲ませて自己満足に浸るのがいいのだ。

先生は勇次郎

 どうやら先生は勇次郎だったようです。これはもう拳で語り合うしかない。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/28/f8/2dc83dba210e5a00cd68c86135856f91.jpg

自然な動き

www.youtube.com

自然な動きすぎてワロタ。

↓イジメられても健気に働くアトラス君。

www.youtube.com

他者を自分のコピーとして見てはならない

「なんでも話せる男友達が性行為を誘ってきて気持ち悪い」事象のゲスすぎる喩えが笑える 「魔法少女の淫獣かな」「TEDだ」の声 - Togetterまとめ

相手が自分の想定する都合のいい存在ではなくてショックを受ける、というのは人生経験の未熟さゆえよな。それを自らの未熟さとも思わず、相手がオカシイとか悪い存在だと堂々と言えてしまうのは未熟さの自白以外の何物でもない。

 

他者は必ず自分とは違う欲望を持っている。

どんなに仲が良い友達でも、夫婦でも、親兄弟であろうとも、おそらく考えていることや欲望はそれぞれ大きく違う。脳細胞がまったく同じ配置でまったく同じ刺激を受けない限り、同じ欲望であるはずがない。それが異性ならなおさら大きく違う。

そういったまったく違う他者を想像もできず、他者を自分のコピーとして見ることは中学生辺りで卒業しなければならないことだ。

 

まあ、中学校ぐらいで童貞と処女は捨てるよう学校教育してもいいんじゃねぇかな!

昔なら元服(13歳)だし、他者、異性なんて肌で感じて苦楽を共にしなければ理解できんしな。

今の人って「私を理解してくれ、私の話を聞いてくれ」ばっかりで相手を理解しようとしないんだもんな。

もっと学校教育はそれぞれ違う他者の違う欲望を素直に表現、学習してもいいんでないかな。第二次性徴が来れば男は猿のように射精しまくりたいとか、生物学的に当たり前なのに隠しすぎだよな。うん、まずは男子の公開オナニーでどれだけ精液が飛ぶか女子に見せてみよう。

 

・・・まあほとんどの人は気持ち悪い思考だと思うだろうが、初カレの勃起ちんこを初めて見て気持ち悪いと思ったり、ビビって上手くいかないよりはマシなんじゃないかと思うんだ。