ルバイヤートとうたかたに浮かぶ酩酊

パチンコについて語るときに僕の語ること - 琥珀色の戯言

楽しいことがない人間は、いわゆる依存症を起こす物事に引き寄せられやすい。一昔前のパチンコや酒はその代名詞だろうか。今ならソーシャルゲームのガチャか。

それらは小銭と引き換えに日常ではなかな得られないドキドキ、興奮、酩酊、つまり非日常をインスタントに与えてくれる。さらには周囲には自分と似たような楽しいことがなくて孤独な人々が疑似友達となってくれて、一緒に一喜一憂を共有してくれる。この人の場合は孤独なままがよかったようだが、このような環境が用意されると一定数の人々は依存してしまうものだ。

 

これについて依存症になるような物事にハマりこむとはけしからんとは言わない。そういうタイプの楽しいことがない人間は、どうせ他の何かに依存するだけであるし。むしろ楽しいことがない人間がいっときその現実を忘れることができるのなら、まだマシなのかもしれない。みんなが生産的に前向きに生きなきゃいけないような世の中は息苦しいだけだしね。

 

そういうときはルバイヤートの詩のように、うたかたに浮かぶ酩酊に身を任せるより他はない。

 

身の内に酒がなくては生きておれぬ

葡萄酒なくては身の重さにも堪えられぬ。

酒姫(サーキイ)がもう一杯と差し出す瞬間の

われは奴隷だ、それが忘れられぬ

世界の奇書をゆっくり解説 第8回 「サンゴルスキーのルバイヤート」 - ニコニコ動画

 

ちなみに酒姫(サーキイ)とはヒゲが生える前の美少年のこと。流転する世界で確かなことなど何一つ分からないのに浮世はどんどんこの身を重くする。酒と美少年に酩酊して何が悪いと。

崩壊の美学

暇潰しに橋作りゲーの実況でも見てみよう。

【実況】建築事故しか起きない橋造りシミュレーション part4 - ニコニコ動画

タコマナローズ橋の崩壊を見てからだと一層楽しめる。

www.youtube.com

アッーーー!

nadarenews.com

アッーーー! そして被害生徒? ツッコミどころしかないこのニュースがちょっと好き。

スペランカーは豆腐の角で死ぬ

野球部監督、ノックで集中力欠ける生徒に「ボールが頭にあたったら死ぬぞ」→不登校になり謹慎処分に:ハムスター速報

新橋の騒動、遠足の集合時間に遅れた女子高生数名が注意され過呼吸になったとのこと:ハムスター速報

ちょっとスペランカー多すぎやしませんかね。特に興味深いのは後者の過呼吸が連鎖的に起こったという記事。魔女狩りのような集団ヒステリーはこういう下地で起こるんだろうなと思わせる。

DV男がモテるワケ

anond.hatelabo.jp

こういうのを見ると逆説的に「DV男がモテるワケ」が見えてくる。それはどういうことかというと、DV男はあらゆる問題を「共感の問題」にすり替えるのが上手いからである。

 

まずDV男は何か問題が発生したときに小賢しい論理的解決なんてしない。力強く感情的に強引に物事を解決しようとする。この場合、別に問題解決する必要もなく力強く感情的で自信たっぷりなことが大事なのでパフォーマンスで十分である。このことをDV男はよく理解している。

 

たとえば女性が買ってきた商品の使い勝手が悪く女性自身、不満を抱いている場合。DV男は理性的に工夫して使い勝手を直そうとか代わりの物を買ってこようとはしない。DV男は店に怒鳴り込んでいくのである。

そして店に無理難題な要求をして、女性が商品についていかに不満であるか間接的に伝える。商品についての問題を共感の問題にすり替えているのである。

 

典型的なDQNであるが、こうすると一定数の女性は共感が満たされ、さらにDV男を「私のことを分かってくれて力強く頼りがいがある、自信があって素敵」と錯覚してしまうのである。もちろんこれは男も女も幼稚であるが、特に二十代までは幼稚な人間の方が多いので仕方ない。

 

このようにDV男は物事に感情的であるがゆえに、共感最優先である女性との相性がいい。もちろん、DV男は感情的なバカなのでその暴力性がパートナーの女性に向かうこともしばしばであるが、DV男は「愛しているから殴ってしまった」とか「お前のことが本気で心配だから殴ってしまったんだ」などと、都合よく共感の問題にすり替えるのが上手い。だからDV男は理性的な男よりもずっと結婚率が高い。もちろんそんなのが長続きするはずがないので驚異的な離婚率なのだが。

 

うん、まあ理性的な賢者であるヒュパティアは死んでしまったんだ。多くの人が求めるのは感情的な扇動の方なんだ。

ヒュパティア - Wikipedia

ウマ娘と映画ガタカ

ウマ娘面白いやんけ。アニメはいい意味でアホだけど、史実の活躍と合わせてみると実にドラマがある。特にサイレンススズカとか悲劇的な名馬は物語になるね。

なんでこうまでサイレンススズカが人気あるのか考えたんだが、それは信長と同じ人気なんだよな。スズカも信長も、誰も見たことがない新しい壮大な夢を描いて道半ばで倒れた。だから人気があるんだな。

サイレンススズカ - Wikipedia

 

んで、それとはまた別の話だが思ったのが競争馬ってガチガチの品種改良、交配で本当に速く走るためだけの存在なんだなっていうこと。もしかしたらそう遠くない未来、人間も選ばれた優秀な遺伝子だけが存在を許される映画「ガタカ」のようになるのかもしれない。より優秀な子供が欲しいというデザイナーズチャイルド的思想は誰しもが抱くものだから。それは悪の独裁者が望む夢ではなく、むしろ普通な人ほど「品種改良」を望むものだからだ。

 

それはまあ置いといて、種牡馬(種馬)ってエロいよね。日本で有名なところだとディープインパクトだけど、ほぼ毎年200頭以上に種付けで生産馬が150頭以上か。こうしてみるとなかなか過酷なハーレムだな。

種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)|ディープインパクト|JBISサーチ(JBIS-Search)

新しい奴隷を作ろう

移民反対派に聞きたい

シンガポールぐらいの規模の都市国家で厳密な管理ができるなら移民もいいと思うがね。もちろんシンガポールのように毎月就業証明を出してもらい、失業移民は即強制退去。勝手に家族を呼んだり妊娠したりすればやはり強制退去。シンガポールは妊婦だろうと容赦しない。これぐらいやって雲隠れを許さず単純労働のみであれば悪くない選択肢だ。

 

問題は都市国家と違い日本ほどの大きさとなると厳密な管理ができるか怪しい部分なんだよな。あとはアホな人権屋が甘すぎるので違法滞在が簡単すぎる。そこで違法就労の問題や移民にかかる経費を考えたら果たしてプラスになるのかという問題が付きまとう。

 

ちなみにドイツにおける移民対策の財政負担は以下のような予想がある。1ユーロ130円として250億ユーロだと3兆2500億円。2年分だから年1兆6250億円。

ドイツ移民対策の財政負担は最大250億ユーロ、みずほなど試算 | ロイター

ドイツ、移民流入による今年の経済負担予測1兆3200億円 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ドイツのように甘い人権屋が多いと財政負担も膨大になる。やはりシンガポールのように上手く奴隷扱いして役に立たなければすぐ強制退去としなければ移民を入れる意味はない。

 

あとは政治的な面で、国内にミニ外国を作られてしまう問題がある。イギリスにおいてイスラム系に占有された町が治外法権状態になっている例もある。移民が増えれば当然、移民の声が大きくなり政治参加される危険や、実質的に地方を占拠される恐れが出てきてしまう。こういう問題に対して現状は楽観的すぎる。

 

まー奴隷扱いは可哀そうだみたいなのは現状日本人が奴隷でないから言えることだが、その地位は当然ずっと保障されるものではなく、経済力が落ちれば今度は日本人の方が出稼ぎに行って奴隷扱いを受けることになる(明治~昭和初期には南米やハワイに多くの日本人移民が渡っていったようにね)。

世界中はお互い取って食おうと争っている中であり、外国人労働者も自国人と平等にというのは甘すぎる。もし移民を入れるなら十分絞れて自国民に有利な条件にするのは当たり前のことである。そうできるのなら移民を入れればいいし、そうできないのなら移民を入れるべきではない。