まさかの時のスペイン宗教裁判!

モンティ・パイソンの「まさかの時のスペイン宗教裁判!」は有名だが、スペインで実際に魔女認定された人は少なかったのだとか。

なぜかって? 彼らは本物の異教徒と日々戦い、ブチ殺すのに忙しかったから。

だから、同国人の無学な農村の小娘が魔女だなんて、そんなヨタ話を彼らは簡単に信じなかった。

その結果、(同国人に対しては)物証を重視した、比較的客観的な裁判が多かったのだとか。