新時代の公益法人

グーグルのすごいところは圧倒的な情報力(とそれを求める人々の欲求)によって、自力で世界に新ルールを作ったり規制緩和させちゃうところである。

 

グーグルはブックサーチで堂々と著作権無視したり、ストリートビューでプライバシー無視したりするが、結局多くの人が求めるものを与えるのでいつの間にか許されてしまう(というかうまく法を潜り抜け、法の方をねじ伏せる)。

 

もしかするとグーグルは新時代の公益法人なのかもしれない。少なくとも、現在日本にあるなんとか公益法人よりもずっと公益に敏感なのは間違いない。