読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のえろ動画、もしくは愛と自由意志と機械について

commonpost.info

 

愛なんて甘っちょろい物は存在しない? いや、これこそがなのさ。

 

本能がもたらす愛について考えるとき、いつもノイマン

「人間は一種の機械である」という言葉を思い出す。

 

我々の中の機械が、我々を愛の衝動に突き動かす。たとえそれが自由意思でなくても、我々はその愛に耽溺する。それのいったい何が悪い?

 

生命ってのは情報を複製し、時間とエントロピーに対抗する機械だ。

 

俺はいつの間にかオヤジそっくりのハゲかた、考え方をするようになった。しかしそれは嫌じゃない、むしろ嬉しい。父祖たちの情報がもう一度、俺に力を与えてくれるのを感じる。

そういうとき、レヴィ・ストロースの「悲しき熱帯」を思い出す。意味はまったく違うけれど、情報たちの行く末という点では同じだ。

 

「遠いわれわれの祖先を力づけた諸々の力は、 今もわれわれの中にある。

われわれは何でももう一度やれる。

なされたこと、 なされなかったことは、もう一度なされうるのだ」