妹萌えとママショタを両立させた穴穂部間人皇女というスーパーヒロイン

妹萌えとママショタを両立させた穴穂部間人皇女というスーパーヒロイン。

 

穴穂部間人皇女は、異母兄・用明天皇の皇后。用明天皇崩御後は、用明天皇の第一皇子・田目皇子聖徳太子の異母兄)に嫁した。つまりお兄ちゃんと結婚→お兄ちゃんが他の女と作った息子と結婚というわけですな。なかなかワイルドだぜ。

 

よく見ると用明天皇は叔母と異母妹を娶るという、年上も年下もウェルカムな人だった。

まあこれは政略結婚であろうが、一方、間人皇女のように自分の気持ちに正直な女性が当時の社会に受け入れられているのを見ると、色恋沙汰に何でもアリな古代日本は実に素晴らしいと思う。

 

そして現代日本は世界から見ると性的マイノリティーにも非常に寛大であるが、やはりこういう古代日本の影響(母系社会の影響)というものは少なくないと思われる。