1968年に「未来ではだれでも15分間は有名人になる」と予言した男

アンディ・ウォーホルは、1968年に「未来ではだれでも15分間は有名人になる」と予言した。

 

天才の慧眼ってすげえな。TV時代をはるかに超えて、今じゃごく普通の人だって動画サイトの一発ネタで世界的有名人になれちゃうよ、予言まんまだな。

 

ウォーホルは他にも天才的発言が多い。

「僕を知りたければ作品の表面だけを見てください。裏側には何もありません」

 

それまで芸術は価値ある高尚なものでなければならない、深みがあるものでなければならないとされてきた。そしてそれを生み出す作家は、やはり高尚な苦悩とか美への探求が必須と思われていた。もちろん、それはキリスト教的価値観が背景にあった。

 

そういった芸術観をウォーホルは軽く嘲笑してみせたのである。やはり天才という他ない。