読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姥捨て山という洗練された制度

2030年の日本が高齢者以外は全員絶望の状況になってて笑えない…上がった給料の半分が高齢者医療費に吸い取られる:ハムスター速報

 

今の日本に必要なのは姥捨て山じゃないですかね。

昔の日本は非常にクールなので、産みすぎたら間引き、長生きしすぎたら姥捨て、というように合理的にやっていた。姥捨ての場合はよくわからんが、新生児の間引きは特に罪悪感もなかったそうな。7歳までは神様のもんで、神の下に返しただけだからオッケーという荒業理論。人が死んで当たり前の世界だから悲しむ余裕なんてない。

 

まー愛情なんてお金があって初めて成立するもんで、介護や多産というものは本来贅沢品ということだろう。金がないなら死んでもらうしかない。

 

少なくとも、ボケじいさんが暴走車で小学生の群れに突っ込む事故を起こすよりは、ボケじいさんに安楽死してもらう方がずっといい。

 

しかし現実的に合法的殺人が難しい以上、できるのは老人の年金、医療費カットや大幅な人権制限ぐらいかなー。それ以外だと、移民などによって無理やり国力を増してその他の弊害には目を瞑るか。

 

そうだ! 老人だけの部隊を作ってどこかで平和維持活動をしてもらうのがいいんじゃないかな! シリア辺りがいいと思うな! ほら平和に貢献できるし!