格差ってそんなに悪いことか?

俺は経済素人だから間違ってるかもしれないが、この記事に対して疑問に思ったことを素直につらつら書いていく。

日本が富裕層人口の増加でアメリカ抜き初めて世界一に(2016年対前年比)、アベノミクスで格差拡大|すくらむ

 

・日本の富裕層増加数が世界一って、2016に円が20円も高騰する円高だったからドル換算で資産が増えただけじゃね? どういう為替レートなのか謎。

 

・日本の富裕層が増えてる、格差拡大で悪いことだと言いたいようだが、

それは日本はチャンスのある社会ということなのではないのか?

富裕層の増えない社会の方が悲惨だと思う。

 

アベノミクスで格差が拡大すると言いたいようだが、

野党のやり方ではむしろみんなが貧乏になるだけでは?

そりゃ確かにみんなが貧乏になれば、格差はないけどさあ。大企業や非正規雇用を攻撃しても、結局企業が痩せ衰えて、余計一般人が被害を受けるだけでは? ろくな対案がない。

 

・では逆に、格差を増やさず、格差が小さいままで経済発展している国は一体どこにあるのか? ありえない理想を持ち出しているだけなのではないか?

 

格差が少ない、増えない社会というのは経済発展していない国家、みんなが貧しい国家なのではないか(人口が爆発的に増える時期は例外だけどさ)。

 

ちなみにアラブ首長国連邦みたいな原油国は格差が小さく、かつ豊か。オイルマネーで国民みんなウハウハで社会保障も充実、キツい仕事は全部出稼ぎ移民にやらせてカネで解決。

 

こんぐらい、ありえない好条件でカネが湧いてこないと、経済が豊かなままで格差の小さい社会なんて無理だよなー。でも皮肉なことに、カネが唸ってるから国民の不満が少なく、政治参加意欲は極端に低いという。

 

まーでも、恵まれすぎているとナウル共和国のようになっちゃうからね!

アメリカほど極端でない格差で、能力のある人はきちんと稼げて階層移動のある日本は割とマトモだと思うのだ。

[木村昭二のどんと来い!フロンティア投資]世界一の富裕国から破綻国へ大転落、リン鉱石の島・ナウルの未来はどうなうる?|新興国投資 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン