純粋な酒の味が好きな人は元々ごく少数

VIPPERな俺 : 若者のアルコール離れは本当?20代男子のお酒NG率が深刻過ぎる

 

若者の〇〇離れっての多いね。

これの大きな理由は下記の2つだと思うが、それだけではない部分もある。

 

・単純に貧乏になった。

・娯楽、コミュニケーションツールが多様化し、より手軽に、より面倒さがなくなったから(ネットで手軽に話せ、ネットの対人関係が面倒になればすぐやめれるように)。

 

それだけではない部分とは、酒とか車とか女とか旧来面白いと言われていたものも、

純粋にそれが大好きという人は昔だって少数派だったという事実だ。

 

そしてもちろん、旧来の面白いモノは面白さの代償に面倒で手間もかかるので、すぐやめる人、そもそも深入りしない人が多かった(昔だって、車やバイクに2~3年で飽きるライト層の方が圧倒的に多かった。もちろんそれが普通だし非難されることでもない)。

 

分かりやすく言えば下記のような感じ。

 

純粋な酒の味が好きな人は元々ごく少数。

酒の味にこだわって各地の銘酒を飲み歩くような人は昔もごく少数で、ほとんどの人は仲間と飲んでバカ騒ぎをするのが好きなだけだったのだ。

 

かつてはそういう風にコミュニケーションツールとして酒好きだった人が多かったが、今ではコミュニケーションツールとして機能しなくなっているので、元々の面倒さもあって酒好きが減っているのだ。

 

あとはまー、酒とか車とか女のような身体を使った遊びは、数回高い勉強代を払ってやってみなくちゃ分からんので、伝えにくい、伝染力が弱いということもあるな。