子供に与える本や漫画

子供に与える本や漫画で悩んでる親御さんも多いかと思うが、子供を穢れなき純粋な存在として見すぎじゃないかと思う。

 

俺らの子供のころは、みんな読んでるジャンプで暴力描写や軽いエロ描写とかごく普通にあった。悪い奴は北斗神拳でミンチになるのが普通だったが、別にそんなもんで暴力的になるやつはいなかった。漫画の中でスカートめくりがあっても、本当にやるやつはいなかった。子供は子供なりに人への迷惑とか考えて、現実と漫画の世界の切り分けぐらいできていた。

 

子供もそこまでバカじゃない。むしろ子供は漫画などよりも、親の姿をしっかり見ていた。今になってみればよく分かるけど、問題児は親や家庭に露骨に問題があった。子供は本当に親の姿をコピーする。本や漫画の問題じゃない。

 

今の時代はスマホでさらに過激な暴力とかエロが手軽に見られるし、子供をだます大人も多い。女の子の親御さんは特に心配だろうが、基本的なしつけや教養、メディアリテラシーを与えておけば、小学校高学年なら子供も十分理解できる。女の子が自撮りで裸をとって男にあげちゃう事件とかたまにあるが、ああいうのは親がそもそも子供に無関心だったりルーズすぎるだけで、スマホとかツールの問題ではない。

 

俺らが中学1年ごろには、悪友同士で裏ビデオとかエロ漫画、暴力的な漫画を回し見してたものだが何をやっちゃダメかはみんなよく分かっていた。進学校でみんな学校から評価の高い真面目な子供だったが、普通にエロや暴力漫画を楽しんでいた。

 

まあ、貧乏な家の子供がいなかったので、子供も目先の利益や欲望にそこまで惑わされなかったというのは大きいかもしれない。金を稼げる親というのは最低限の常識を備えているので、やはり子もその常識を自然に学ぶ傾向がある。まあ親が教育ママでダメになった子供はそこそこいたけどね。金があるだけでもダメなんだけど、それはまた別件。

 

いろいろ話が飛んじゃったが、とにかく親は経済的余裕と精神的余裕をしっかり持って、自分の常識をそのまま伝えておけば、そこまで子を心配する必要はない。実は子の問題ではなく親の問題である。

子は親であるあなたを忠実にコピーするので、あなたが誰にも恥じぬ生き方をしていればいいだけだ。