クソガキを楽しませてやる商品

最近はクソガキを楽しませてやる商品がなくなったなあと思う。

 

バイクで言うならレーサーレプリカ、車で言うならシルビアみたいな。想像以上のパワーで生意気なクソガキが楽しめて、調子に乗ってると痛い目にも遭って、ちょっとだけ大人になる。そういう商品。

 

若いうちはどんどんクソ生意気なことをやって自分の力量を知るべきだと思うんだが、そういう助けになる商品がなくなっちゃったね。まあ若者はカネがないからね。

 

しかし若者ほど、きちんとパワーに触れておくべき。パワーとは力であり、権力であり、優れた仕事でもある。若者を狭い世界から連れ出してくれる何かである(別に車じゃなくてもアップルⅡでもいい)。これを知らずして伸びることはないと思う。