男の子はみんな自閉症親和者

これは筆者個人の感想です。医学的な正しさには基づいていません。

幼稚園~小学生低学年ぐらいの男の子というのは、どうも自閉症発達障害に非常に近しい要素をいくつも持っているように見える。しかも男の子みんなが実にそうなのだ。

 

下記はアホ男子の不思議な行動を様々な母親が記したものだが、男だったらいくつかの行動に必ず覚えがあるのではないだろうか。これらの行動は自閉症発達障害の特徴と実に似ている。

こういった行動、気質は大人になると消えると思われているが、実は大人の男も結構な割合でまだ持っている。ただそれを隠すのが上手くなっただけなのだ。

 

だから母親のみなさん、男の子に対するときは「暗黙の了解」など求めないでください。

また、男の子の意味不明なこだわりは放置しておいてください。男の子にはそれがとても大切なんです。認めてくれとは言わないので、せめて放置してあげてください。

 

■いくつ当てはまる?「アホ男子母死亡カルタ」

(1)【ひ】 人には見えない何かと戦っている

男の子特有の代表的な行動で、暇があれば「俺がお前を倒す!」やら「チャキーン!ドュキューン!」のような擬音語を呟きながら、キックやパンチで宙を切っています。

男の子は常に他の人には見えない敵と孤独で戦い、ご近所の平和を守っているのです!

 

(2)【ほ】 棒コレクション

筆者の息子も、「これはいい木だ」と自分で納得したものを公園から拾ってきて家宝としています。

捨てようとすると怒るので、仕方がなく傘立てにお気に入りの傘より長い木が数本ささっています。大人にはただのゴミでも、子どもにとっては宝物なのですね。

 

(3)【ほ】 ポケットから大量の石、ダンゴムシ

洗濯機を回していると何やらガラゴロと音がするので、洗濯終わって確認してみると大量の石ころが!

息子のポッケを確認するとまだまだ石が残っていて、綺麗な石ならともかく、なんの変哲もないただの石なんです。

ママ友の子どもは、ポッケにダンゴムシを大量に忍ばせていたそう!

 

(4)【か】 傘は武器

筆者の息子も傘を初めて使ったその日に壊しました。

木の棒同様、細長いものは男の子には魅力的なアイテムで、剣やピストル、とりあえず振り回すものに変身!

鉄の柵に傘を当てながら歩いていたら、引っかかって曲がってしまうということもありました。傘は消耗品なんです。

 

(5)【き】 「今日は何してた?」「忘れた」

基本何も語ってくれません。

女の子はその日にあった事などを聞かなくても話してくれますが、男の子は本当に聞いてもこのような調子なのです。

たとえ3分前のことを聞いても自分の興味がない事は「忘れた」「わかんない」が返ってきます。

 

(6)【く】 口癖は「うんこ」、「おしっこ」、「ちんこ」

小さい子らしい下ネタで、自作する歌の歌詞も“うんこ”、“おしっこ”、“ちんこ”のみで構成され、友達と大合唱・大爆笑で大盛り上がりをみせます。

 

(7)【て】 テレビみると動きが停止、シングルタスクですから

男の子に何個もいっぺんに指示してはいけません!

なぜなら1つの物事しか覚えて行動できないからで、「コレやってからアレやって」は、どちらか片方、若しくは両方忘れます。

 

(8)【ふ】 冬でも公園でびしょ濡れ

保育園や幼稚園帰りに公園に寄ると、冬でも水を使った遊びをしたがり、結果びしょ濡れになるので裸で帰宅します……。

 

(9)【む】 夢中になりすぎてトイレ忘れる

男の子の集中力はある意味凄いということですね。

 

(10)【も】 ものを探す事ができない

たとえ目の前に探し物があったとしてもなかなか見つけられません。

本当に目の前にあるのに気がつかないので不思議でなりません。