読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のエロ本 霊長類のメスはなぜ喘ぐ?

今日買った本。

「性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?」

Amazon CAPTCHA

なぜ霊長類のメスだけ交尾の時に喘ぐのかという疑問から、乱交という生殖戦略や男女の生殖戦略の競争的進化について述べた本。

 

普通に考えればセックスのとき大声で喘ぐのは、他の外敵に感づかれたり、他のオスが寄ってきてしまって生殖に不利なはずであるが、霊長類のメスは遠慮なく喘ぐ。

本書はこれに対して、他のオスの参加を促すために喘いでいるのだと回答しているのである。

 

これは、従来は選択権がないと思われていたメスの側にも大きな選択権(より多くのオスの精子を天秤にかけいい物を選ぶ)があり、それを促進するためであるという。またオス側としても、どうせメスを24時間監視できるわけでもなく、メスの浮気を防ぐのは無理で独占できないのだから、オス同士で争っても仕方ない。みんなで参加しようという乱交形態に発展するという説である。詳しくはアマゾンレビューの方に別の人が細かく書いているので参照。

 

うん、実にエロくていいね! 淫乱ビッチ萌えな私としては、下手なエロ本よりもこういう真面目な本の方がエロくていーなーと思えるのだった。