べーちゅーかいだん。すっご~い、た~のし~い~。

6~7日の米中会談が面白くなりそう。

確率が低いとはいえ、アメリカによる将軍様北爆はありうるシナリオ。アメリカは中国の拡大政策に対してイニシアティブを取りたいし、何よりも支持率が上がる大きな業績が欲しいところだからね。そのために北の将軍様はちょうどいい生贄。ただこれはタイムリミットがあって、南の親中政権誕生前にしておかないと、結局、中国に従順な第二の北が生まれるだけで終わってしまう可能性がある。

 

中国としてもコントロールの効かない北はやっかいだ。アメリカにイニシアティブを渡すわけにはいかないが、一時的に手を組み北を生贄に捧げるのはありうる。北に権力の空白地帯が生まれたところに南の親中政権が乗り込めばベストな属国を作り出せる。中国としては他の親中属国に対して、中国に刃向かうとこうなるという強いメッセージも打ち出せる。

まあ、そこまでするメリットがあるのか、戦後処理が難しすぎるから現実味が薄いということもあるが、想定しておくことは大事よね。