人でないものを夢見る/身体拡張の夢

japanese.engadget.com

日本で身体拡張なんて言うと不謹慎とか生命倫理とかとかくやかましいが、人間が人間以上の何かになる可能性を追求してなぜ悪いのか。

 

6本目の指を開発しただけで、障碍者への配慮(6本指の人への配慮)がーなんて言われるのはバカバカしすぎてうんざりする。障碍者だって健常者だって便利な身体の方がいいに決まってる。それが嫌な人は使わなきゃいいだけ。

考えてみれば眼鏡やコンタクトなんてのは視覚障害を克服するためのアイテムであり、新しい目だ。ただそれはあまりに多数の人が使っているので、誰も奇異に思わず、オシャレのアイテムにすらなっている。そしてもうそろそろ、眼鏡じゃなくカメラを目に植え替えるような時代になってきている。眼鏡が良くて義眼カメラが悪い理由なんて何もない。ただ多数派は何も言われないというだけのことだ。

 

我々はもう、服を着替えるように身体を取り換えることに慣れ始めなければならない。