女が求める言葉は常にひとつ

夫に求めるのは具体的行動ではなく怨嗟の行き所らしい

こういうのを見るとアホだなーと思う。女が求める言葉は常にひとつであり、それを言い続けていればいいだけなのに。

その言葉とは、「大丈夫、すべて俺に任せろ。俺がすべて解決する」だ。

 

男は常に自信満々にこれを言い続けていればいい。女が欲しいのは頼りがいだけなのだから。

もちろん、男の取った解決法は女の意図にそぐわないこともよくあるだろう。しかし、それでいいのだ。そのとき女は初めて具体的要求を男に出してくるのだから。