ケツを拭く紙にもなりゃしねえぜー

希望の党が「ベーシックインカム」を公約にしたことでざわつく - Togetterまとめ

ベーシックインカムは弱者抹殺政策だと思うけど、まあいいんじゃねえの。年金とか無理がある制度だし。弱者には死んでもらおう。

 ここで社会保障費の資料を見てみる。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/280915/shiryou3-1-2.pdf

税収は地方を合わせてもたった45兆なんよね。これじゃケツを拭く紙にもなりゃしねえぜー。

http://gomahu-azarasi.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_107/gomahu-azarasi/E382B1E38384E38292E381B5E3818FE7B499.jpg

(確かな野盗=野党が必要です)。

そして希望の党の言うとおり医療費はそのままで手を付けないとすると、医療の公費負担がざっくり13兆ぐらいなので残りの使えるお金は32兆。今まで通り福祉に約23兆を使うと残りは9兆。

ベーシックインカムであれば年金を払う必要もないが、もらえる年金も上記の9兆円に留まる。日本の成人人口約1億1600万人で割ると、大ざっぱに言って7万7500円か。

もちろん月ではなく年なので、月に直すと約6500円。ようするに年金か福祉か、どっちか諦めてくださいってことよな。まあ、今までの社会保障は贅沢すぎたのでなんらかのダイエットは必要になりそうだ。

ちなみにこの記事は5分で書いたので数字がおかしい部分があるかもしれない。そういう点は指摘をもらえるとうれしい。