医師に良心は必要ない。愚かな親の子供は死ぬしかない

奇形の顔「受け入れられない」…家族が手術拒否、ミルク飲めず赤ちゃん餓死 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

医師に良心は必要ないんだよな。愚かな親の子供は残念だが死んでもらうしかない。家族の同意なしで医師が勝手に手術するようになると、医師がなんでも好き勝手に手術し放題になってしまう。もちろん良心から手術したって罪に問われるし、医師としてのキャリアは即死だしね。

まあ、こういう事例で「俺が責任を取って手術する」と言えない医師は黙ってろ、善人ぶってんじゃねえと思います。

 

そして良心を持たないことは医師のためでもある。

医師や消防、警官などは多くの死を目撃し、どうしようもないことが多い。そのたびに医師などがイチイチ悲嘆に暮れていて業務ができるか? いちいち悲しみに包まれていては医師は疲弊し、擦り切れて使い物にならなくなってしまう。だから単なる業務として何も考えず死に向かい合う方がずっといい。そもそも医師などマトモな人間が志すべきではないのだ。医師は死にそうな人間を目の前にしながら、「今日の昼飯はなんにしようかな?」と考えている程度でちょうどいい。

 

自殺や無謀運転などバカな死に方をする者は無数にいる。そうした愚か者は日々、自殺はいけないとか、無謀運転はいけないとか散々聞いていたはずなのにそういうバカな死に方をする。言っても聞かない層というのは一定数必ずいるので、そういう人々にイチイチ医師が良心を持って接する必要はないのである。