一見譲歩に見えて譲歩していない

安倍首相、「一帯一路」と連携へ 対中けん制から転換 - 共同通信

中国に歩み寄りを図ることで北朝鮮制裁の譲歩を迫る見通しのようだ。もちろんアメリカも了解済みだろう。それにどうせ「一帯一路と連携」と言っても、何も具体的な確約のない曖昧な言葉なので何も実害はない。日米豪印ダイヤモンドとも競合しないよと言いつつ首を締め上げていけばいいだけなので、一見譲歩に見えて譲歩していない悪くない選択だ。実際のところ、日英の接近、英のスエズ以東の復帰も絡みガッチリ対中包囲のインド太平洋戦略はゆるぎないので問題はないと見る。

こりゃ2018上半期で北爆が来るかな?