ロジックゲームでのエンタメ

将棋ネタでラノベ原作のアニメ「りゅうおうのおしごと」が始まったけど、ラノベ(アニメ)よりも羽生善治の方がずっとチート主人公で無双しているのでラノベ(アニメ)の方が霞んでしまうという面白い事態に。

 

しかし将棋みたいな純粋に実力勝負で都合のいい要素が入らないテーマがラノベに合うのか疑問だな。

普通の勝負、競技モノマンガやラノベはハイレベルな攻防を感覚で伝えるように演出する。それはハイレベルな攻防が素人読者には分からないのはもちろん、作者も想像でしかハイレベルな攻防を扱えないので取られる演出法だが、将棋のようなロジックゲームは時間さえかければ中学生でも最善手、悪手というものが分かってしまうので、感覚的、ファンタジー的な演出というものが取りにくい。つまり作者の競技レベルがそのまま反映されてしまうのでエンターテイメントとして難しいのである。その部分をどうするか、そのやり方だけは興味深い。