ボビー・フィッシャーを探して

ボビー・フィッシャー - Wikipedia

失踪ってのはロマンがあるよね。もういかにも男の子のロマン。自分が何者かであることをすべて捨て去ってどこか荒野をさまよう。そして失踪は必ず帰還を伴う。神話の時代から続いてきた物語だ。

そこにアイデンティティとか逃避の問題を見出すのは実に野暮なことだ。ただ我々はここではないどこかへ憧れつづけるだけだ。そして失踪は物理的な場所に関係なく、いつでもどこでもできる。さあ、誰も知らない場所に消えてしまおう。

 

映画の「ボビー・フィッシャーを探して」もよかったよな。暇な人は見てみてくれ。

ボビー・フィッシャーを探して - Wikipedia