「ラ・マルセイエーズ」と「星条旗」

RADWIMPS野田洋次郎さん、HINOMARUの歌詞への批判に謝罪「軍歌だという意図は1mmもない」:ハムスター速報

そういやこういう記事があって、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」やアメリカ国歌「星条旗」を思い出した。

欧米はもちろん、多くの国で「邪悪な敵はブッ殺せ! 我らは正義の勇者である。祖国万歳!」という国歌は当たり前なんだよな。それらに比べたら日本の歌は実に穏やかなもんだよなと思う。この程度で謝罪なら欧米は全部土下座しなきゃいけない。

ラ・マルセイエーズ - Wikipedia

武器を取れ 市民らよ
隊列を組め
進もう 進もう!
汚れた血
我らの畑の畝を満たすまで!

アメリカ国歌 星条旗 歌詞の意味・日本語訳

彼等の邪悪な足跡は
彼等自らの血で贖(あがな)われたのだ