しあわせの理由

news.livedoor.com

お、グレッグ・イーガンの「しあわせの理由」みたいに現実もなっていくのか。

以下、作品解説。

12歳の誕生日をすぎてまもなく、ぼくはいつもしあわせな気分でいるようになった。脳内の化学物質によって感情を左右される意味を探究する表題作。

www.amazon.co.jp